« 凸 出て生きる時 ⇔ 凹 引いて生きる時 「 サトリン・サトリン・サトリンリン♪ 」 | トップページ | 「 目先の損得 」 に、揺れぬ事・追わぬ事・関わらぬ事 「 全てを悟れ 」 »

2013年8月16日 (金)

失敗するからこそ生まれる反省 〓 知力・気力・計算力を高め、成長する

『 俺の写真は、三枚とも優勝候補だ! 三枚出品できるが、入選は一人一枚までだ 困ったなぁ ! ?♪ 』 なんて独り言を言っていると 相棒が 「 能天気な人だなぁ (゜゜;)\(--;) みんな、同じように思って出品しているから・・・ 難しいんじゃない? ぁはは 」 と、杭 ( くい ) を注された ┐('~`;)┌ 

今朝も、ラストチャンスに掛けて 撮影位置・時間・コントラスト・トリミング ← 人の作品を見るのも面白い♪ 》 にには某社と書いていたが 実は、西武技術コンサルタント株式会社ビルの屋上での撮影の OKを頂いていたので、早朝からお伺いさせて頂いた。 【 M 】 さん立会いの元で、((( 天守閣から登るであろう・日の出 ))) を待ったが、曇り空 ( 厚い層の雲 ) だったので、朝焼けも無く、日の出も遅れ、相当陽が登った位置で太陽が現れた。 連日、早朝ビルの屋上に上がり、撮影の挑戦をさせて頂く訳にはいかない、期待の一発勝負だったのに ●↓ 失敗 (/□≦、)ξ の結末となった。 いや、それ以前に・・・ 予想通り、カメラの性能上の限界だった。 これが私の持つデジカメの、目いっぱいズームであり、帰宅しこの画像を拡大して見たが、拡大に耐えれる写真では無かった (ー_ー)!!

 Photo_8
位置的には計算誤差は無かった ( 本来なら写真左端の地平線付近から陽が登り始め、15度方向くらいの角度で移動しながら天守閣に向ける。 この時点では朝焼け状態で、鶴山公園の後ろで上昇するので太陽そのものは見えていない筈。 天守閣の付近から75度くらいのRを描いたラインに切り替わり上昇する。 その天守閣に太陽が掛かった瞬間に微調整で好みの場所を決め撮影だ。 天守閣の何処に太陽の位置を設定するかは、カメラの撮影位置の高低で調整 屋上でOKか階を下げ窓から撮影するかの誤差までは計算できないので、瞬間的判断をしないとなるまい。 それも与えられた時間は僅か数分の間しか無い ) ← 確信の喜びと 天候不順の為 → 撮影出来なかった残念さの思いが入り交ざったが・・・ 【 M 】 さんとの新しい出会いと、【 M 】 さんのご厚意が、一番の宝だったのかも知れない。 距離と角度を暗算しなおし、以前撮影に成功した場所に飛ぶような勢いで行ったが、雲が厚く、太陽が見え隠れする位置は高くなった 再度移動し日の出を待ったが、やはり雲が厚く、太陽が出た時は既に高く太陽の位置は天守閣よりも相当右 ( 南 )に、移動した位置となっていた。 へへへ(ρ_;) 失敗ξ プロのカメラマンでも、山なんかのベストショットを狙う為には 一ヶ月くらいは山に泊まり込むと聞いた。 私の付け焼刃的期間で、納得いく写真が撮れたとするなら軌跡だ。 こんな失敗を連日繰り返し走り回り、プロカメラマンからも 「 太陽の撮影は無理だ 」 とも言われながら、撮影の可能性に掛け 撮れた写真は、本当に貴重な物だと思う。 入選の有無に関わらず、今回の写真は引き伸ばし額に入れ社長室か居間の壁に取り付けておこうと思っている。 

あぁ、模擬天守閣が展示される期間・撮影できる期間はラスト2日だ。 最後のチャンスに、掛けて ( 駆けて ) みるとするか・・・ 題名は決めている 『 可能性に駆けた朝日 』 だ (^_^)/ 位置・照度・天候など無理難題を克服して撮影出来た ((( まだ未公開 [ ブログ内では明日添付予定 ] の 【 朝日が昇る天守閣 】 写真 ))) 『 奇跡的1枚の写真を追い求め、可能性に ((( 掛ける ))) 気持ちと 駆けりまくったからこそ撮れた ((( 駆ける ))) を、もじった題名 』 にしようかな ! ?♪ と、思っている (*^^)v そこには、模擬では無く、これから ((( 本物の天守閣を建てる可能性に掛ける熱意 ))) ((( ここからが始まり 朝日 ))) の意味合いも含めた題名のツモリだ。 写真の内容もだが、題名もある意味 ((( センス・芸術 ))) だと思うなぁ・・・ この数日間、夢中にさせてくれる物の建築・提案・企画を実行された、津山JC・津山商工会議所各位に感謝している m(_ _)m  未公開の、天守閣から上る朝日の、撮影に成功した ((( 模擬天守閣写真コンテスト ))) に出品予定の作品と、失敗写真の数々と、朝日の見える方向ポイントは 18日の PM.7:00 以降ブログ上に掲載する予定だ (^_^)/  また、もう一つ決定している写真の題名は 『 金色の穂 ( 民 ) に守られ四百年 』 に決定した。

|