« 模擬天守展示~解体期間、それとは別に←↑↓→色々勉強させられた | トップページ | 私をトンボに例えれば・・・ 極楽トンボか (@_@;) ! ?♪ ← と、自覚症状 »

2013年8月21日 (水)

次男夫婦に長女誕生 (^_^)/ お爺ちゃんからの贈り物 偶然? ⇔ 必然? 

Photo_11
孫娘 【 優月 ( ゆづき ) 】 ( 次男 【 公彦 ( ともひこ ) 】 と 【 久美 ( くみ ) 】 の長女 ) が、8月21日 AM.6:04 に誕生した。 ((( 偶然説 必然説 ))) の事を私は以前から また、訳の解らん事を書き始めた? 》 他多々書いているが・・・ 今日も、AM.5:00 から早朝ジョギングに出た。 半分は、私が熱を上げて撮影に取り組んだ素人な分野に挑戦した、私の集大成 ((( 拘りの3点 ))) 日の出・正門・夕焼け 》 模擬天守閣がもう無くなっているのだろうか? と、複雑な気持ちが半分ありながらの確認と、私の撮影会の締めくくりとして、●↑ 備中櫓から登る朝日も撮影しておきたかった。 これは偶然では無く 必然的に、撮影できる場所と、撮影出来る時間を割り出した物だ。 

●↑ 》 の日の出が天守閣の鯱にかかる撮影は・・・ 天候が晴天過ぎると、太陽の照度がキツ過ぎてフラッシュが焚かれたようになり、撮影は不可能だ。 幾分曇り空を期待はするが、曇り空の時に撮った写真も、雲の間から差し込む太陽光も相当キツクて、反射をお越し撮影は困難だった。 それを繰り返しながら、 ( 太陽が昇り始める位置が、日々移動していくのに合わせ、自分の撮影位置も微妙にずらしながら ) 計算ずくめで 私の計算上では、私の探した撮影場所から見て、8月15日 AM.5:55 に、天守閣の後ろから朝日が昇り、AM.6:00 に天守閣の鯱に太陽が掛かり始め、AM.6:01~AM.6:03が天守閣の鯱部分が太陽の中央付近で、そのまま太陽は上昇して行き AM.6:05 には、太陽が鯱の上にあがってしまう その AM.6:01~AM.6:03 の、僅か2分に賭けた ( 駆けた ) 可能性 ( 後は天候だけ・・・ ) を追い求め撮れた写真だった。 最後の、天候は神任せで偶然? いゃ、天が必然的に与えてくれた物だと信じる。 《 ●↑ 》 の日の出が天守閣の鯱にかかる写真は、それなりに満足しているが・・・ 太陽が煌々と輝き始め幾分反射を始め、撮影できるギリギリの瞬間の 太陽の撮影については挑戦してみたい気持ちが働いて、最後の最後まで天守閣から登る朝日の写真を追及し続けたが、それ以降は天候に恵まれなかった。 いゃ、1日寝過ごした日が、相棒の話によると朝焼けだったらしく、残念さを感じていた。 しかし、今日は天守閣の姿は既に無い事も解っていたので 今度は、備中櫓に照準を定め、計算をし直し、太陽光の照度が撮影ギリギリの日の出の素晴らしさを撮ってみたかった。 予測では、備中櫓から日の出が出始めるのが AM.6:02 丁度半分以上 2/3 くらいが AM.6:04 AM6:05以上になると全体が出るので太陽の強烈な照度によって撮影は困難か・・・ 少し曇っているのを願って、ギリギリ AM.6:04 か・・・ と。 そして撮影に挑み、((( ヨッシャ~! 撮ったぞ (*^^)v ))) と、ニンマリ ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

その後、ジグザグと脇道まで細なく探索し徳守神社まで行き 模擬天守展示~解体期間、それとは別に←↑↓→色々勉強させられた 同じ道を通る事無く、ジグザグと脇道まで細なく探索しながら AM.8:30 に帰社・帰宅した。 携帯電話を置いて行って外出していたので、帰宅してふと携帯電話を見ると、次男の 【 公彦 】 からの電話の着信歴が残っていた。 普段なら、いつも会社内にいるので、投げてしまっている携帯電話を確認してみたのも、偶然? 必然? いつ掛かった電話だったんだろう? 昨日の着信歴かな? なんて眺めて見ると AM.6:05 だった ! ?? あっ、孫が生まれたのかな? と思い、すかさず 「 生まれたのか? 」 と、尋ねた。 すると 「 無事、元気な子が生まれました (^_^)/ 深夜、陣痛が始まり、AM.1:00 に入院し、AM.6:04 に誕生しました♪ 」 との吉報を伝えてくれた。 「 おめでとう♪ 久美も子どもも元気か? 名前は? 」 「 名前は、以前言っていた 【 優月 ( ゆづき ) 】 にします。 」 等と会話し、「 生まれてすぐにでは無く、後日行くことにする 」 と伝え電話を切ったが、スグサマ再度電話を掛け尋ねた 「 おぃ、何時に生まれたって言ったかな? 」 「 AM.6:04 です。 」 「 今日は、休みか? 」 「 休みをもらいました。 」 「 また後で、これたらおいで・・・ 」 との会話で電話を切ったが・・・ 【 公彦 】 も初めての子どもの誕生で頭はいっぱいだろうし、「 一睡もしてないので少し朦朧とξ 」 なんて言っていたので、私がそれ以上の事を言うのは控えた。 

Photo_2

Photo_3

控えて言わなかった内容は・・・ 次男夫婦の長女 【 優月 】 ( 孫娘 ) が生まれた時間と ((( 同時刻 ))) に 私が ●↑ の写真 ((( 備中櫓に登る日の出 ))) それも究極の太陽の照度ギリギリの撮影に成功していた事だ。 これも、偶然? 必然? 私はこれも必然だと感じる。 私はこの写真をパネルにして 【 優月 】に、「 お前が生まれた 2013年8月21日 AM.6:04、同時間に、お爺ちゃんが撮影した ((( 津山城跡・備中櫓に登る日の出 ))) だ♪ 【 公彦 】 と 【 久美 】 に、プレゼントしておくから・・・ 大きくなったら、お父さん・お母さんに見せてもらいなさい♪ 」 と・・・ 今の時点では、この内容は家族の誰にも伝えていない。 今、このブログを読んだあなたの方が先に知った事になる。 何故読んでくれたんだろうか? それも・・・ 偶然? 必然? 【 優月 】 とは字の如く、((( 優しい月 ))) 太陽は自分で光を出して輝いていいるが、月はその、太陽の光を反射して輝いている。 たえず優しい月の光を見せてくれるように、【 優月 】 が誕生した時の、太陽の光、それがお爺さんの贈り物♪

|