« 濃い 1日だった (゚▽゚*) 25日 ( 土 ) 午前中 バタバタ編 | トップページ | 濃い 1日だった (゚▽゚*) 25日 ( 土 ) 午後前半 鳶・鷹・鷲?編 »

2017年11月26日 (日)

濃い 1日だった (゚▽゚*) 25日 ( 土 ) 午後前半 散策編

Photo_2

濃い 1日だった (゚▽゚*) 25日 ( 土 ) 午前中 バタバタ編 》 の続きで、瓜生原から直進の散策編だ。 岡山県南に行く場合通る、昔通っていた柵原街道の、吉井川を挟んで反対側の東側の道を、「 ここを ( 柵原街道を ) 何度通ったかなぁ・・・ 」 なんて、昔の思い出に浸りながら ( 柵原街道をバイクで、車で通っている自分の姿を幻想の中で見ながら ) 直進した。 「 羽仁橋まで続くなら、羽仁橋を渡り、川向こうに見ていた柵原街道を北上して帰ったらいいわ♪ 」 と思って直進したが、次第に道が細くなり、舗装道路が無くなり、河川敷堤防道路の砂利道に変わった。 

20171125_134206Photo_3しかし、その時点ではまだ、羽仁橋まで続くであろうと信じ込んでいたが・・・ 結果は、行き止まりだった。 河川敷道路の行き止まりの少し手前に、山に入って行く小道が会ったので、「 それが羽仁まで続くのかな? 」 と思い、辿ってみたが・・・ 結果は、その道も行き止まりだった。

20171125_134321

U20171125_133855Uターンして見る景色は、行きとはまた一味違った趣があった。 「 行き止まりと知ったこの道は、私の生涯において、余程の事がない限り2度と通る事は無かろう・・・ 」 なんて思うと、余計にスローなスピードで満喫しながら戻った。 初めて柵原街道を通ったときに、見るもの全てが新鮮だった事は言うまでも無いが、その中でも一番インパクトがあったのが ●↑ の部分だった。 今回は道の反対側から見てその展望が解った訳だが、この岩山を廻旋するカーブは、美的にも、コース的にも、印象的だったのを思い出す。

Photo_4

Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10行きしなに、堤防道路下に船があるのが見えたが、シルバー色に見えたので、「 金属で作っているのかなぁ・・・ 」 なんて思いながら通り過ぎていた。 Uターンして見る時は、堤防上道路からマジマジ見て、一旦通り過ぎた形になるが、河川敷に降りる道から降りて近付いて行った。 よほど近くに行っても、「 鉄の船かなぁ・・・ それじゃ、重たいし・・・ アルミの船かなぁ・・・ 」 なんて思いながら見ていると、船の先端の少し壊れた所が目に止まった。 やはり、元々は木で作られた船だった。 腐食を防ぐ為や、強度を保つ為にか、グラスファイバーを全体に塗っていたのが解った。 納得、納得♪

U_6

その先、《 濃い 1日だった (゚▽゚*) 25日 ( 土 ) 午前中 バタバタ編 》 の最後の ( 河川敷を直進した ) 添付写真の場所に出て、橋を渡り「 瓜生原 → 柵原街道 ( 空港線 ) → 横山 → 津山 」 を辿り帰宅した。

|