« 【 号外/緊急地震情報 】 異常・非常事態/怖いのは地震慣れ | トップページ | 国道53号線から、津山中央病院に続く新道・新橋 »

2017年11月 4日 (土)

津山中央病院、宿泊2日目

20171103_193925_1

えらいこっちゃ ┐('~`;)┌ 津山中央病院で一泊 継続 ! ?ζι(´Д`υ)アセアセ 》 に続き、予定通り、津山中央病院宿泊2日目ι(´Д`υ)アセアセ 2日目ともなると、トイレや詰所などの位置関係も覚え、天井の模様も見続け、臭いにも慣れると、今までずっといたかのような錯覚が生じる。 大鼾をかいて寝ているんじゃなかろうか (-_-)zzz バタツイタ者場 ( しゃば ) の世界から外れた別天地の世界観すら感じる。今日は 【 S 】 くんが訪ねて来てくれた。息しか聞こえない ( 他に聞こえたとしても、詰所や廊下の物音 ) 世界と、友人とのトワズの連発の爆笑の時間との ⬆⬇ 両極端なギャップも、久しぶりの刺激にも思えた。 ●↓ 地山中央病院から見た、東の街の夜景。 

PhotoPhoto_2Photo_3消灯が 10:00なので、平生から睡眠時間のあまりにも静か過ぎる時間になると、走馬灯の如く、色々な思い出や、思いが脳裏を駆け巡り、眠れない静かな時を過ごす事になる。  ッてのは全く嘘。重病患者の飛び込みで、急遽、個室から相部屋に移動。 別に個室でも相部屋でも関係無いと思っていたが、静かなどころか、大鼾の大合唱にはさすがに参ったぞ ┐('~`;)┌ 

早朝 6:00起床 (^o^)/ ブラインドを上げられ、部屋の電灯が点けられ、「 おはようございます。 朝のお茶をご用意しております。 歩ける方はご自分で取りに行って下さい♪ 」 の放送が流れた。 そこから、応診までの2時間ほど眠れた。 もう、フラフラじゃ (@_@; 病院宿泊 1日は 「 生死、霊 」 について考えたが、2日目は 「 正直者がバカを見る 」 って内容を思い出し痛感していた。 

それと、「 運・タイミング・チャンスは紙一重 」 「 善行 ⇔ 悪行も紙一重 」 だ。 公の機関は、ルール々と唱え善良ぶるが、一般市民をも平気で踏み倒す。 何れにしても、前記内容を含め、天 ( 楽天 ) も地 ( 地獄 ) も、色即是空である事も、それら全てを経験させてもらえた奴である事には間違いない。 ある意味、私は幸せ者なんだろうなぁ・・・

前記した 「 生死 」 だが、生まれた時から、偶然では無く必然的に 「 生の満了時 」 が決まっているようにも思える。 長生きも短命も、老齢死も、病死・事故死も、自殺も、其々が生まれた時に寿命とか運命は決まっているんだろう。 運命は努力によって変えられると言う方々の方が多いだろうが、それもレールの上の出来事のようにも思える。 が故に、「 色即是空 」 という言葉にたどり着くんだろう。 形ある物は何れ崩れ、崩れる事が新しい形でもあり、また新たな形に変わって行く。 一般的には 「 崩れる事が新たな形 」 だという事に気付かず、いゃ、気付いても目を反らしたい部分なのかもしれない。 目を反らしたい部分は気付いても短時間しか耐えられず、速く次の形へ移ろうとする方々が殆どだろうが、目を反らしたい場所に自ら身を長時間置き、とことんまで散策探求 ← 本当はここが一番オモシロイ処だと思える (^_-)-★ 後から考えてみれば、イケイケ GO!GO! の時は、優越のみで、オモシロクは無かった事に気付く。

|