« 遊びの時間が止まらない ☆^∇゜)!! 奥津湖畔・苫田ダム/前半 | トップページ | 嫌な事の記録は、いっぺんに書いて、脳裏から削除。 皆、オ・カ・チ・イ・で ┐('~`;)┌ »

2018年1月21日 (日)

遊びの時間が止まらない ☆^∇゜)!! 奥津湖畔・苫田ダム/後半・ダム内部散策

長くなるので、前半・後半に別けた 《 遊びの時間が止まらない ☆^∇゜)!! 奥津湖畔・苫田ダム/前半 》 の広範だが・・・津山から20~30分くらいで行ける場所なので、今まで行かなかったのは残念だが、これからは楽しみのコースを見~つけた ☆^∇゜)!! って感じだ。 50ccバイクでは少し遠い気がするし、車ではわざわざ行くにはチョット・・・ って感じだが、大型バイクラス利用の気分転換には絶好な場所・穴場のような気がする。 街中に近い場所で、車数が少なく、建物は無く、湖畔・四季・ワンディング ( ドライブ ) を満喫出来ろだろう ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。 《 BMW 1150 RS が届いた (^^♪ ③ 運転は体が覚えていた 子ども ( オヤジ ) にオモチャを与えると、もう止まらない ☆^∇゜)!! 水に戻された魚のようなもんだ 》 の景色とは異なり、《 ・・・ ●↑・・・ 》 とこれから記録する内容は、近代的なモノや少しハードな内容だ。

Bmw_r1150rs

Bmw_r1150rs_2Bmw_r1150rs_3Bmw_r1150rs_4Bmw_r1150rs_6Bmw_r1150rs_10苫田ダムの中堅の景色は 《 ・・・ ●↑・・・ 》 に添付したが、丁度その中間地点にあった表示・標識に目が留まった。 「ダムの中見学 場内見学入り口 無料 」 だ。 受付も無人で、勝手に入っても良いものかどうか迷ったが、何でも知りたい・見てみたい・好奇心旺盛な私が、黙って通り過ぎる訳がない (*^^)v 恐る恐るも足を踏み入れた。 ゴーっというような気味の悪い音がしていたので、不気味さも感じた。 無人の受付に入場者名簿の記載帳面があったので、住所氏名を記載し、←↑↓→ キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ 周囲を眺めながら階段を降りた。 「 亀裂でもあって決壊した場合、私はここで、これで一環の終わりだι(´Д`υ)アセアセ 」 と思いながらも、興味津々・好奇心旺盛の私の気持ちの方が勝っていた。 

Photo_17

そういえば、《 ・・・ ●↑・・・ 》 の展示場に 「 ダム放流を見に行こう! 」 っていうパネルがあって撮影していたなぁ・・・ それがここ、これか・・・ なんて思い出しながら先に足を進めた。

Photo_19

Photo_21Photo_27地価1階はドン詰まりになっていて、ステンレス製のエレベーターの扉があった。 その正面の壁には 「 ← 帰路 」 の表示が取り付けられていたので、ここまでで、Uターンして帰れかな? エレベーターに乗れば何処かに行けるのかな? エレベーターを出た時の為の 「 ← 帰路 」 の表示なのかも知れない。 それにしては 「 進行路 」 とか 「 入り口 」 の表示が無いのはオカシイナァ・・・ 不気味だなぁ・・・ と思いながらもエレベーターのスイッチを押した。 エレベーターの中には行き先の表示がされていたので、幾分安心して行き先の地下2階を押して扉を閉めた。 地下3階・4階は関係者以外立ち入り禁止となっていた。 スイッチを押せば、行くには行けるのかも知れないが、そこらじゅうに防犯カメラが設置されているので、後で叱られてはシャレにもならんと思い、必要以上・表示以上の行動は慎んだ。 エレベーターのドアが開くと、正面の壁に 「 ダム通路内の温度湿度 」 計が取り付けられており、「 照明用人感センサー作動中 センサーが反応して自動的に照明が点灯います。 」 の表示があった。 至ってシンプル過ぎて好い気持ちでは無かった。 

Photo_22Photo_24Photo_26Photo_25エレベーターを降りた位置の小さな広場を中心に、これから進めばいいのであろうスパイ映画に出てくるような通路や鉄格子で塞がれている避難通路などが目に飛び込んだ。 もうこうなったらヤブレカブレダ・前進あるのみと進んだ。 通路の先はまたドン詰りになっていて 「 避難通路 」 の鉄格子戸と表示が見えた。 「 どぇ~らい所に来てしもうたなぁ ┐('~`;)┌ 万が一の惨事が起これば、ここで一環の終わり・行方不明者になってしまうかも (@_@; 」 と、覚悟は決めたで。 ギャハハハハ 通路正面の小さなホールから外の明かりが差し込んでいたので、一安心 ← 位置は同じなんだから、安心できる訳無かろうが Σ(゚□゚*) それも、誰といる訳でもなく、緊急電話の位置すら知らず・・・ 宇宙都市? 地下都市? スパイ映画? 異次元空間に立っているような気がした。

Photo_28

Photo_29

Photo_31Photo_33クライマックスはここだ。 ダムの水の放出側の、ダムの中央に跳び出したワンルームからの絶景を見る為に、ここまで来たが・・・ 頭ポリポリ、申し訳ないが、感動までには至らなかった。 位置確認の図面を見て、「 なるほどなぁ、ここにいるんだ♪ 」 と、確認・納得。 ダムの水を大放出して水煙が上り虹が出ているような、カナダのナイアガラ滝には程遠いかった ヾ(_ _*)・・・ 少し残念とでもいうか、期待ハズレでもあったが、まぁ、当たり前だわなぁ・・・ 最大放出時には来て見てもいいが、最大でも ●↑塀高以内だろうからビックリするほどでも無いのかな ! ?? なんて思いながら、同道順を辿り表に出た (-。-)y-゜゜゜

Photo_34

商店街・会社・ビルのコンクリートジャングルからの脱出をしたんだから、精密に作られた建物の内部より、周囲の大自然の方を好んでいる自分がアカラサマニ解る。 ダムは特に、機密でなければならないので、店舗内装とか一般家庭の建築とは異なる。 建設の頂点と自然との融合・バランス・・・ 好いモノを見せてもらえた ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。 地下3階・4階なんかに水中が見えるようにしていたら面白いのに ヽ(´▽`)/ ま、そこまでは無理な内容だろう。 ギャハハハハ 私は小型船舶免許証を持っているので、船・ボート・水上シェットボートなんかに乗れるが、奥津湖畔内では禁止の立て看板が立っていた。 昔、真庭市にある湯原ダムでは乗った事があるが、2~30年前だったので、今現在でも乗ってOKなのか禁止されているのかは知らない。 今度時間があったら、湯原ダムに行ってみるかな ! ?? ダム下の河川敷に湯原温泉・露天風呂があるしなぁ~♪ 混浴露天風呂だけど、別にエッチな意味では無いで。 大自然を満喫したいだけだ (^^♪ ギャハハハハ `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 誰も、何も聞いとりゃせん (゜o゜)\(-_-)

|