« 相手が犯した罪を憎む前に、関わった自分の反省が一番/私はそういう思考・志向で生きている | トップページ | 人・世の中が、「 受け入れる ⇔ 受け入れない 」 範囲の、分析・理詰・哲学 »

2018年1月17日 (水)

始めて見た鳥オオバン/鴨達にとっては食べ物を恵んでくれる 「 幸せを呼ぶ黒い鳥 」 らしい

Photo_3

昨日の ⇒ 《 相手が犯した罪を憎む前に、関わった自分の反省が一番/私はそういう思考・志向で生きている 》 内の移動中に吉井川で見た鳥は 「 鴨かな? それにしては黒いし、くちばしが白い。 」 なんて思っていたので、帰宅してから調べて見ると、どうもオオバンという鳥だったようだ。 

Photo_4

オオバンは・・・ カラスやカワウのように全身がほぼ真っ黒だが、嘴と額 ( 額板 ) が白いのが特徴だ。  日本全国の湖沼や内湾に一年中生息し、水草や水生生物を 食べている。  ユリカモメが好むような広い水面にも、ハスなど草が生い茂っている 場所にもいるため、なかなか 「 オオバンが好む条件 」 というのは絞り込みがしにくいので、 まずは今まで水鳥との出会いを楽しんだ身近な水辺環境を探しまわって見る事だ。  秋 から冬には大きな群れを作ることが多くなり、観察しやすくなる。 また、鴨達にとってオオバンは食べ物を恵んでくれる 「 幸せを呼ぶ黒い鳥 」 らしい。 一生懸命に潜って水草をくわえて上ってくるオオバンがなす術もなく鴨に水草を奪われる。 オオバンは餌を取られても威嚇をしたり追い払う行動をほとんどしない。 おそらくオオバンは鴨の体の大きさよりも小さいため、勝ち目が無いのでしょう。 と書かれていた。 鴨と同じような食生活で、同じような鳥なら、旨いのかなぁ ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。 ギャハハハハ `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! こりゃ、愛鳥的意見を言え Σ(`0´*)

|