« 一部始終、危機管理が出来てない津山市役所。 指示通りに動けば命の危険。 | トップページ | ま、何でもしてみりゃええがん。 私ゃ、バタバタせずに傍観しとくわ (^。^)y-.。o○ »

2018年7月14日 (土)

旦那や彼が、あなたを守る気持ちは、どのレベル? 

津山市役所の危機管理体制については・・・ ひとつとらえても、吉井川吹屋町ライブカメラ ( 岡山県津山市昭和町 ) http://camera-kasen.bousai.pref.okayama.jp/kasen/rivercameradetail.html?cn=6 でも見ていたら、水が溢れ出している現場で指示や作業をしている津山警察署・津山消防署 ( 警察官の方や消防署の方 ) にミツに状況の連絡を取っていれば出来ない筈だ。 後で津山警察署にも確認したが、私と同意見で 「 現場を見ていないから、問い合わせもしないから、危険区域に帰れなどというんだ。 知っていたら言えまい。 」 と呆れていた。 私が 「 水が溢れ出しているのでその場の近くの避難場所から津山市役所に逃げて来た。 」 と説明しても知らなかったし、それを伝えても、「 津山市役所の開放はしないので、その避難場所に帰れ 」 などという阿呆な答えを平気で出すのだろう。 幾ら考え直しても、一部始終がなってない。

津山を中心とした道路の 積雪情報 ライブカメラ ( 土砂崩れ・河川氾濫情報も含む )、瀬戸内海・鷲羽山・金鉱山 ライブカメラ ( 台風・土砂崩れ・津波情報を含む ) 等・・・ 私は情報源として取り込んでいるが、ここでは直接関係ないので、敢えて簡単なモノも添付は控えるが・・・ 河川情報 だけでなく、これら ダム情報 も私のパソコン内には情報源として取り入れている 苫田ダム - リアルタイムダム諸量一覧表 苫田ダム情報 - 川の防災情報 :ダム情報の時間変化 川の防災情報 :湯原ダム情報一覧表 湯原ダム - 川の防災情報 :ダム情報の時間変化

地震情報 としても、以前から記載している 「 全国の地震速報をいち早く知る為に ⇒ http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/ ● 震度 3以上の地震速報 ⇒ http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries?max_level=level_3 ● 震度 4以の上地震速報  ⇒ http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries?max_level=level_4 を、ディスクトップに添付して頂きたいと願う ヾ(_ _*)・・・ 追加で 海外の地震情報 日本各地で起こっている地震に加え、台風被害、大雨洪水、土砂崩れ・竜巻と、天災による被害が続いている。 被災地の皆様に、お見舞い申し上げます。 被害最大規模と言われている、首都直下型大地震・南海トラフ大地震が来ない事を祈っている。 」 通りだが、これらは最低限のモノを載せてみたが・・・

最低限、これくらいの情報源はシステム化し、随時関知し、表示していて・・・ 警報時に、津山警察署・津山消防署・避難場所と連絡をミツに取り、全貌を把握して、初めて危機管理室だと言える思う。 おかやま防災ポータル に形上沿わせているだけで改善見直しの無い津山市役所だという事は ハザードマップ No.3 (P13,P14)[1,879KB PDFファイル] を見ただけで分かる。 以前吉井川が氾濫した時に、アルネ~安岡町~二宮は浸かっている。 今回も小田中二ノ宮付近も浸かって片側通行になっている。 やっこ通りから北・総社に続けた為に、やっこ通り沿いの津山税務署交差点・全元交差点 ( 県道と市道交差点 ) はU字口の傾斜設計ミスだろう、臼状になっているので氾濫でなく大雨でも浸水した。 これらの浸水箇所が載っていないので、把握も記載も改正も無いのが明確だ。 

ここでは関係ない話だが・・・ せっかく津山税務署付近を書いたのでついでに書くが、やっこ通りは4斜線でありながら、税務署に入る道は、中央斜線も無い旧型対向車道路だ。 信号も時差式にしていないので、北から来て税務署側に曲がるのは困難だ。 が故に、津山税務署交差点 ⇔ 津山年金事務所の道路間は事故多発地域となっている。 誰も通らないような林道や、農道を大きな道を作るまには、多額な税金を支払いに津山市民が沢山来る税務署前の整備は必要だ。 南北に走る県道やっこ通りと交差する、東西に走る市道には、市民が集まる、津山法務局・津山税務署・津山年金事務所が並んでいる道にしては、一番お粗末であろう。 4車線にするにしても民家の立ち退きは数軒で住む。 また、田町のその周辺には病院が殺到しているが、救急車が行くにしても、全てやっこ通りに出て入り込まないと病院に行く事が出来ない。 津山法務局・津山税務署・津山年金事務所が並んでいる東西の道を4車線にし、西の突き当たりに溝を越える橋を付け産業道路につなげれば、それら官公庁や各病院に行くにもスムーズだ。 市民の使う場所の量を考えて道は作るべきだと思う。 東側が、国道53号線から国際ホテルの前を通り中央ックリニックを着きぬけ全元ビル・やっこ通りまで通すなら、西は上記した道が相応しかろう。

話しは元に戻すが・・・ 万が一災害が起こってしまった場合の救済復興手順も、KCT災害支援関連情報 - YouTub の情報提供の手順も、形上、津山市役所のHPに載せたら事が済むと思っているのだろう。 「 出してます、見て無いのが悪い 」 くらいの人間味の無い対応と、市民からの声も多く聞く。 停電または浸水でパソコンすら動かなかったらどうするの? パソコンを使えない方はどうするの? 何れにしても万全な体制とは言えまい。 

津山市役所については、私達の税金で雇われ飯を食っている地方自治体 ( 職員 ) なので手厳しく書くが・・・ 誰にしろ、最低限、これくらいの情報源はパソコンに取り入れ、いち早く判断で切り状態を、被害のない時に作っておくべきだ。 津山市役所担当員は、彼女や家族を守る如くの内容で、危機管理をせにゃ、いけんで。

Photo_5

ところで、貴女の旦那・彼はどのレベル? 一度、「 台風情報・地震情報・河川情報・ダム情報・大雪情報・津波情報・噴火情報 」 などに関して、どう対策しているのかを、旦那や彼に聞いてみたら如何でしょうか? 適切な判断と指示・誘導をして、守ってもらえるんか? 

|