« 【 緊急避難勧告 】 18:50 津山市全域・全世帯・市民全員に避難勧告 | トップページ | 【 緊急地震情報 】 20:23 千葉県東方沖 M6.0 震度5弱の地震発生 »

2018年7月 7日 (土)

① 避難までの内容/選択・認識・指示・対応の悪い津山市の実態に怒り心頭

昨日はブログを中断し 《 【 緊急避難勧告 】 18:50 津山市全域・全世帯・市民全員に避難勧告 》 今日10:00に避難から帰宅した (-。-)y-゜゜゜ その後少し寝て起きたので、続きを書こうと思う・・・ どこからどのように書いたらいいもんか、迷いながら書いている。 まずは、ご心配をお掛けしたが、無事です ヾ(_ _*) 少し寝た後NEWSを見ると、岡山県は 「 緊急避難勧告/大雨特別警報 」 解除となったが、「 氾濫危険水位超 」 「 土砂災害警戒 」 は残したままだ。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

避難にあたって・・・ ① 避難までの内容 ② 避難時の様子 に別けて書いてみる事にする。

① 避難までの内容・・・ ブログを書くのを途中でやめ、タクシーで避難場所に避難した (@_@; 避難する前に、避難場所が何ヵ所かあるので、タクシーで回ってみた。 本来ならアルネ津山が避難場所になっていたが、いつの間にか避難場所から消されていたこれは中央市街地アルネエリアの市議会議員の判断が悪い。 アルネは市の運営 ( 今はもっと増えているのだろうが、私の知っている限りでも10年前くらいで津山市が55%の株主だ ) なんだから、外された時点で外さないようにして当たり前だ。 まぁ、それはさておき・・・

Photo_5Photo_6

本来なら行くべき避難場所はアルネ横にあるアリコペールの 「 ふれあい広場 」 って所の 2階になっていたので行ったが、氾濫しそうな吉井川から 100mくらいの場所なので、気味が悪いのでやめた。これは津山市の危機管理部の思考・志向が悪い。 2階の位置と堤防位置が同じくらいの高さなので、様子を見るには適してはいると思うが、どう考えても避難場所には適して無いと判断した。 ついでだから、今井橋までタクシーの運転手に行ってもらい吉井川の水嵩を確かめたが、後 1mくらいで堤防に届くほどまで水位が上がっていた。 

次に、雇用労働センターも避難場所ではあったが、水嵩も上がっていた宮川から 200mほどの所にある 2階建の建物なので、「 ふれあい広場 」 よりも危険だと思いスルーした。 これは津山市の危機管理部の思考・志向が悪い。  

津山市中心市街地での災害は、吉井川の氾濫でありながら、氾濫する場所の200m位置に避難場所を選ぶこと事態がイカレテイル 凸(`、´X) そういう公務員は首にすべきだ。 そういう市議会議員は立候補すべきではない。 

次に行ったのが、津山市役所だった。 6階建だし頑丈さから考えても一番安全だと思ったからだ。 市役所は、東側からの正面ドアはキーを掛け閉じていた。 裏口 ( 西側 ) のドアが開いていた。 6階まで全館照明が点され沢山の職員の方々 ( 各課、3人~5人くらい出さされたのだろうか・・・ ) がおられた。 別に何をする訳でもなく、女性なんかはスカートだしカウンターに座っていた。 出ただけで邪魔なだけだ。 むしろ残業代も税金なので無駄使いだ。 津山市役所に避難させてほしいと頼んだが、門前払いで避難場所を表示された紙を渡され氾濫寸前の位置の 「 ふれあい広場 」 に行けと指示された。 これが津山市職員の実例だ。 全員とは言わないが ( 上記の市議会議員も職員も ) こいつらイカレトル! 政府も県も市も 「 危険地域には近寄らないで下さい。 自分の身を守って下さい。 」 と言っているのに、市の職員の指示は危険地域に行け だ。 自分たちだけ助かるツモリか 凸(`、´X) とムカついた。 法律が無ければブチマワシとるで。

市の職員が言った場所「 ふれあい広場 」 と 「 雇用労働センター 」 には戻らず、高台の位置にある北小学校の体育館に避難した。 その後、案の定、「 ふれあい広場 」 今井橋付近両側は浸水 した。 最後に避難場所として 「 北小学校・体育館 」 にたどり着いた後に、アルネと天満屋を避難場所として受け入れた。 誰がどの方法で市民に伝えたのかも定かでは無い。 万事が無茶苦茶だ。 たまたま県南・倉敷や各地の大被害までに至らなかったので、上記したような内容は表に出ず伏せられるだろうが、許しがたき失態。 津山の金さんがこれで終わらせる訳が無い。 そろそろ大掃除をしてやろうか・・・ なんて思っている。 政府・総理大臣も 「 人命第一 」 と指示しているんだぞ。 津山市役所災害対策課に早々に電話を掛けておいたが、電話を受けた平職員で話が止まっていたら、災害対策課課長に確認し、伝達が無ければ、物申すΣ(`0´*) → 人事課 → 市長 → 県庁 → 国まで事を大きくさせない内に、返答・陳謝・改善対策すべきだ。

災害の無い地域とは故、災害時の事前、避難場所選択・認識・指示・対応の悪い津山市 ( 市議会議員・職員 ) だという事は間違いない。 うってかわって、悪い事ばかりでは無く、避難場所での教育委員会の皆さんの、優れた対応の内容もあるが、長くなるので・・・ 「 ② 避難時の様子」 からは次に書く事にする。

|