« 18:15 テレビでチャイムが鳴り、岡山県にも大雨警報が出た (@_@; | トップページ | 銀行強盗/銀行と警察の、防犯訓練 »

2018年7月 6日 (金)

津山市吉井川氾濫警戒・一部に避難勧告/視点を変えればダムと議員が問題

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

津山市中心市街地付近は、私が 00:00 頃コンビニに傘もささず買い物に行ったくらいだったが、奥からの流れ出ている河川の量が増したのだろう・・・ 岡山県津山市は市内を流れる吉井川が氾濫するおそれがあるとして、昨夜 20:05 に、一報地区・津山口地区・井口地区・大田に地区・昭和町一丁目二丁目・南新座一丁目・横山地区・八重で地区に避難勧告が出た。 津山市は、阿波公民館・一宮公民館・中正小学校・久米保育所・ふれあいサロン・城西公民館・中央公民館・福岡会館の合わせて8箇所に避難所を解説した。 時間と共に増加・変化しているので、現時点以降の記載漏れについてはご理解願いたい。 岡山県津山市にもこのような注意報や勧告が出るという事は、津山周辺部はもっと危険後が高まっているんだろうなぁ・・・

筆頭に書いたように、雨の降り方は小雨までも行かない、傘をささずにコンビニに行ったくらいだった。 が、心配になり5:00過ぎに、吉井川の様子を見に行ってきた。 地域の方が堤防に出られていたので訪ねると、昨夜から3:00くらいまでは怖いくらい水嵩が上がっていたようだ。 避難勧告が出て、ふれあい広場には電気が点き避難受けの体制だったようだ。

以前、吉井側のはみ出た水や逆流によって津山市の一部が浸水した事があるが、その時も大雨では無く吉井川の水嵩を堤防まで見に行った。 その時は吉井川に掛かる今津屋橋の橋桁全体まで漬かり、イズミのある辺りは浸水し、中心市街地商店街も一部浸水した事があった。 昭和町や市内一部が浸水し、車がプカプカ浮かんでいた。 国道53号線沿い今津屋橋から 300m に私のビルがあったので、見に行くと、堤防の塀の半ばまで水嵩が上がり、手を伸ばせば届いた ← それらを話をすると、周囲からは相当呆れられ叱られた ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

しかしそれは、現地に降った雨の影響では無く、もっと奥からの加算された水量と、ダムが決壊してならないとダムの放水を行ったのが嵩んだからだと聞いている。 私が生きている間には、それが最高だ。 その時に比べれればそこまでには至っていない。 今回ダムの放水を行ったのかどうかは知らないが、今日も河川の水嵩があがっていたのは確かだ。 私が見に行った5:00には引いていたが、橋桁や堤防に残る水の後で水嵩の高さは判断できる。 

私の知る限りにおいては、上記した浸水と、台風の時に2から回吉井川の水嵩が上がったが被害が無い範囲だった。 今日・明日・明後日と大雨が降り、短時間で猛烈な雨が降る恐れがあると聞いているので、油断は禁物状態だ。 しかし、5:00に吉井川の水嵩を見に行った時も、ゲンチャリで走れるくらいの霧雨程度だったので、まだピンと来ないのが現状だ。 天災の無い地域だから、自他共に津山市民は危機管理に対する心・身・備えが劣っているに違いない。

Photo_7

Photo_8

私自身の記録撮影写真もあるが、それは一部添付に控える←っていうのは、帰宅してテレビのNEWSを見ると、同じような場所で撮影しているNHKの報道が出ていたので、それを撮影したものの方が信憑性があるし、状況のテロップも載っているからだ。 津山市までNEWSの画面に出るなんて・・・大変な事になるつつある気配がようよう感じれた ヾ(_ _*)・・・ 水嵩は橋桁の濡れ具合で分かるが、( 撮影時の早朝には収まっているが、深夜には ) 赤いラインを入れた所まで水位があがっていたようだ。 堤防の石垣の下まで ( 石垣上の壁までには至っていない) だと判断できる。 勿論、写真の端に映っている河川敷の芝生は2~3m下に沈んでいた事になる。 文中に書いた市内中心地が一部浸水した時に見に行った時には、その壁から手を出せば河川の水に触れる事が出来た。 って事は、まだ以前ほどまででは無かったって事だが、今日~2日間の期間にもっと降ったり、ダムの放水を行った場合は、一部は漬かるかもしれない。 その覚悟は必要だろう。 その前に万が一の避難の準備も必要だろう。 私が住んでいる場所はまぁ、大丈夫地域なので、まだ悠長に構えているが、河川近辺の方々の心中を胸が痛む思いだ。 

私の個人的視点から見ると、勿論大雨もだが、水力発電のダムの多い岡山県とすれば、ダムの放水・ダムの決壊の恐れを警戒する。 湯原ダムに行った時に感じた事だが、コンクリートが相当傷んで風化していたが、耐久年数とか強化再加工などは耳に入っていない。 ダム巡りをしていた時に訊ねた事だが・・・ 万が一決壊した場合は15分で県南の海まで流れるそうだが、その間の町は全滅するとの事だったι(´Д`υ)アセアセ テロも警戒している今日この頃、無法日過ぎると思える。 働き方改革だの、何とか学園だのの国会審議よりも、新幹線・在来線のセキュリティーと、ダムの安全保障・再確認などを審議してもらいたいもんだ。 それこそその話題も出さないような、市議会議員・県会議員は要らんで。 新道を作りまくっているが、道路の勾配・水路の勾配 ( 水面に対する傾きの度合い ) は無茶苦茶だ。 逆流して溜まるような水路を、県も市も作っているのが現状だ。 市議会議員・県会議員は、目をかっぽじって、よく読んどけ Σ(`0´*)

|