« 【 緊急地震情報 】 20:23 千葉県東方沖 M6.0 震度5弱の地震発生 | トップページ | ② 避難時の様子/避難場所の担当、教育委員会の皆さんに感謝 »

2018年7月 8日 (日)

晴れの国・岡山/天災の少ない岡山県が、前代未聞の大被害 (@_@;

Photo

Photo_2

1

Photo_4

Photo_3

津山市吉井川氾濫警戒・一部に避難勧告/視点を変えればダムと議員が問題 【 緊急避難勧告 】 18:50 津山市全域・全世帯・市民全員に避難勧告 》 の被害を先に書くが・・・ 岡山県内でも各地で浸水被害があり、特に倉敷市・岡山市北区は ●↑の如く大規模な被害が出た。 2階の屋根まで浸かった家/・沈んでしまった家も多く、今現在水嵩が上がりながらも避難できていない方々が多い。 ●↑写真は、田畑とかではなく、民家の殺到している地域だが、家の屋根までもが見えなくなってしまっている。 政府・自衛隊・警視庁の方からの救助動員も増やし・ヘリコプターでの救出を行うようだ。 被害人数・救助を待つ人数は、倉敷市も判断出来ていない状態。 ヘリコプターでの救出が夜出来ないので夜明けから行うが、ボートでの救出は夜中じゅう続けている。 晴れの国・岡山/天災の少ない岡山県が、前代未聞の大被害 を受けた (@_@; いつも災害の少ない岡山県なので、天災に対する危険観念が乏しい人が多く、準備・心構えも無く、呆然と被害を受け入れるしか出来なかっただろうと思う。

津山市は一部浸水被害ですんだが、●↑のような被害になるのは紙一重だった危険度を、津山市民のほとんどは感じていなかったと思う。 ましてや、津山市の対応はお粗末で 《 ① 避難までの内容/選択・認識・指示・対応の悪い津山市の実態に怒り心頭 》 といった状態だった。

私は、吉井川の氾濫も恐れたが・・・ 氾濫にも色々ある。 皆はまだ気付いていないだろうが、以前ブログに書いた 《 遊びの時間が止まらない ☆^∇゜)!! 湯原温泉露天風呂/撮影して叱られた♪ 【 流し読み厳禁 】 遊びの時間が止まらない ☆^∇゜)!! 湯原ダム/レールから外れてみないと好い景色は見れない 遊びの時間が止まらない☆^∇゜)!! 湯原湖畔/オフロードやラリーには好いかも♪ しかし・・・ 》 湯原ダムに行った私は、湯原ダムの老齢化・風化状態 を見て知っていたからだ。 耐久年数 が何年か? 作り変え時期は? は、知らされていない。 原発も怖いだろうが、水力発電のダムも怖いと思う。 ダムの方に 「 ダムが決壊した場合どうなるんですか? 」 と尋ねると、「 万が一決壊した場合は、岡山県南・海まで10から15分で水が到達します。 その時は、河川沿い市町村は全て壊滅するでしょう。 」 との回答だったι(´Д`υ)アセアセ 決壊させない為にも、ダム貯水をマンパン限界までさせず放水を行う→放水を行うと河川の水嵩があがる。 その放水量をコントロールしている訳だ。 決壊危険値以前に放水する訳だが、既に大雨で水嵩が上がっている時に放水した場合、堤防ギリギリになる可能性が高くなり、堤防が決壊する危険性が高まる。 ダムの決壊よりは堤防決壊で浸水で被害を抑えざるおえない場合も考えられる。 そのギリギリの判断での注意報 ⇔ 警報 ⇔ 勧告 ⇔ 指示となる。 他の県や地域の方は、この内容とは異なるだろうが、津山市・真庭市の場合はそれが原因の要素が高い。 原発が無い県だが、水力発電 ( ダム ) では日本国内トップクラスだ。 岡山県課内に住んでいる以上、それくらいの事は知っておこう (~o~)/

|